小笠原釣行記2(父島列島父島)

釣行日時 1998年5月1日〜1998年5月6日
メインターゲット ジギングによる青物
今回お世話になった釣船
びっくり仰天丸 登地船長、横島さん(Questテスター)


5月3日・・・VS ヒレナガカンパチ
 いよいよこの日がやってまいりました。今日のために全員小笠原でのジギングのビデオを擦 れきれるほど繰り返しみて気分はハイテンションになっています。釣り場もライトタックルと いう事で父島のすぐ近くの40〜70m付近を攻める予定です。
しかし意外な事にはじめに向かったポイントは潮流の強い父島列島の最北端「孫島の平根」と 呼ばれるポイントです。なぜここかというと孫島近くの磯にあがっている人たちに物資を先に 届けるためでした。その磯では大型のカンモンハタやバラフエダイ(アカマス)があがっていま した。それほどの大きさの魚を普段目の当りにしない我々にとっておおきな発憤材料になった ことは言うまでもないでしょう。

 そして、いよいよ実釣開始。しかしいくら魚影が濃いといっても相手は大型の回遊魚。そう そうヒットしてくるものではなかったようです。ビデオだといかにも1キャスト1ヒットのよう な感じなの5、6回しゃくっても辺りが無いと既に怪しい空気が漂い始めます。普通に考えれば 別に釣れないのはあたり前の事ですけど。

 しかし魚探には反応が出ているので全員「いつくるか」と懸命にしゃくって記念のファースト ヒットは堀内くん。凄い勢いでリールからラインが吐き出されて行きます。ロッドティップも 海面に突き刺さっていて、懸命に魚の引きに耐えていますがジギング初挑戦の彼は完全に魚に 主導権を取られてしまって1分程であえなくラインブレイク。しかし彼とてシイラではメータ ー近い魚をランディングしているので大型の魚との遣り取りはなれているものと思っていたが、 やはり横に走る魚と海底付近でヒットして深い方へ突っ込む魚の引きはまるで違うもののよう だ。端から見ていてもその引きの強さを直に見てしまうと圧倒されてしまう。

 そんな中助手として乗船して頂いていた横島さんという方(この人クエストのフィールドテ スターでやはりいくつかの日本記録を持っていらっしゃる)が1Kgほどのヒレナガカンパチ をキャッチする。もっともこの方は釣りをするためでなく我々のアドバイスやサポート役で乗 船して頂いている方で一緒になって釣りをする方ではなくこの時は魚の活性チェックでやられ ていたようである。

 魚がいる事は分かった。と、しゃくり続けてついにロッドがしなった。全員今度こその 思いでその遣り取りを見守る。やはり引きがシイラなどに比べて(比べる事自体間違っている) 格段に強い。いつか夢見たジギングでの大型回遊魚、そのときの引きの強さに慣れる意味も含 め手軽に出来るシイラで引きの強さを味わっておこうと毎年やっているが釣れてくるシイラは 平均80cm。もっともラインがシイラの場合12から16ポンドなのでドラグが強くて3キロ程度。
そうするとロッドが海面に突っ込むほどのしなりをする前にドラグが働いてしまうため慣れて くればさほど苦にならず魚を捕れてしまう。ただ今回のドラグはほぼマックス設定に近いので 魚のパワーをまずロッドに受けて限界ぎりぎりでドラグが滑り出すので腕にかかる負担はかな り大きい。へとへとになりながらようやく魚が見えてきた。憧れつづけたヒレナガカンパチで ある。ランディングに成功すると早速写真を撮ってキープ。大きさは4キロと決して大きいと は言えないが何はともあれジギングで初のゲットである。こういう時は大きさなど関係なく嬉 しいものだ。しかしここで一つ分かったのはこの大きさ(4キロ)であれだけの引きを見せたならば 、10キロ、20キロが掛ったときにはどうなるのだろうか?確かに側で見ていてきつそうなのは 良く分かった。少しの不安を覚えた。

 その後にヒットしたのは引かなくて重いだけ。やな予感がしながらもリールを巻いてくると85g のメタルジグをくわえた20cm程のアカバ(アカハタ)。目が飛び出してしまっていたためにリリース できずにやむなくキープ。

 それから暫くして再びカンパチがヒット。今度のは先程あげた魚より大きそうだ。全員が羨望の 眼差しで見ている中当の本人、連続ヒットで腕がかなり疲れている様子。先ほどに比べて余裕があ まり無い。実際しゃくっている時も疲れるがその疲れているところに魚が掛ってファイトするとし ゃくっている時以上に疲れる。まぁ贅沢な疲れともいえますが。そうこうしているうちに魚体がみ えてきて上がってきたのはこれまたヒレナガカンパチ。後検で5キロ。この後写真を撮ってさすがに 疲れたらしく余裕の見物モードへ。

 その後はトモとミヨシでのでダブルヒット。一応今回は一人ヒットしたら全員ルアーを回収して 見守ろうという事になっていたのでみんなルアーの回収に入るが、ミヨシにいた私がルアーを回収 しようとして5mほど巻き取ったところのヒットだった。今回唯一のダブルヒットであった。 しかし結果はまたしてもラインブレイク。二度のブレイクは共にドラグ設定がゆるめであった事に 原因のようだった。ある程度締め込んだ状態でファイトするのが良かったらしい。 私はやや小振りではあるが同じくヒレナガカンパチを手にする事が出来た。4キロ弱といったサイズだ。

吉田その1

 それにしてもここのポイントはひっきりなしにあたりが来る。バラシも多いが全員にヒット があったのはここのポイントのみだった。さすがに20ポンドテストでは余りにもライトすぎる のか、かかる魚全て20ポンドラインを引き千切っていった。このポイントだけで自分が覚えて るだけで3回のラインブレイクと4回程のフックアウトが有った。

榎本ファイト!

 しばらくするとスレてきたのかバラシが多かったせいかあたりが遠くなってきたので船を孫 島反対側に移動。しかしこちら側はうねりが高く少々釣りづく、小笠原をかけてルアーをロス トして行く。30分程でこの場所に見切りをつけて島の反対側に移り凪状態の場所でジギングを 再開。しかしあたりはない。しばらくして父島近くのポイントに入り直後に私のロッドが大き くしなった。このあたりの水深は約70m。魚探を見ると地形がかなり起伏に富んでいることが判る。50m付近でヒットした魚は最初はすんなり浮いてきた のだか40m位の所にきて一気に走り出した。私のラインは25ポンドテストで他の人より若干強 いラインでドラグも6キロ(推定)位に設定してあるが苦もなくひきづり出されていく。20m 位走ったところで止まりそこから寄せにかかる。しかしそれまでのしゃくりで疲れがピークに 達していたせいかポンピングもままならずハンドルも1回転位しか巻けない。ラインの残りを みてあと25m位かと思っていたら船長が魚探をみてあと45mと告げる。さすがに気力が萎 えてきた。正直ロッドを放り出したくなった(^^;;しかしその後にイソマグロかもしれないなの 一言で気力が復活(現金なものである)残った力で寄せに入りようやく姿が見えてきた。その姿 はカンパチだが今日見た中でもダントツにでかい。最後は横島さんのギャフ一発でランディン グに成功。今までにこんなに苦労して捕った魚はいない。後検で10キロジャストのヒレナガ カンパチだった。

10キロ!

 余談だがこの魚ジグ丸呑み状態でトリプルフックが喉の奥まで達しフックが見えない。諦め
てリーダーを切断して4日後居酒屋で裁かれた時にとってもらった。

 さて、連続してみよしの方でヒットが続いていたが、ここでトモに入っていた田島さんのロ ッドについに大きなあたりが来た。最初に重量感のある突っ込み、恐らく根に潜り込もうとし ているのだろうがそこを耐えて巻き上げるとロッドは相変わらず大きく弧を描いている割には 割とすんなり上がってくる。とはいってもここは水深約60m。ちょっとやそっとでは上がっては 来ないが使用しているタックルの性能が違うので見た目よりは楽に上がってきてるようで、TV で良く言っているように「ぽっこん」と魚が浮きあがった。上がった魚はまるまる太っている 「ツチホゼリ」という魚で小笠原では一般に「モロコ」と呼ばれている魚である。これも後検 で7.8キロ有った。船長曰くカンパチなんかよりもずっと美味しい魚であるようで喜んでい たようだった。結局この魚は自分達のお腹には入る事は無く、そのままプレゼントした形にな った。しかしまたも根魚である。(^^;;

田島もろこ

 その後またもやあたりが遠のき遅い昼食をとる。ごく普通の弁当がこんなにもおいしいとは みんな、よほど疲れていたようである。しばらくして榎本さんのルアーを大型と思われる魚が 襲う。ヒット後いきなり突っ走る、20ポンドテストとは言え限界近くの5キロ位のドラグをものと もせずにTWINPOWER8000XT-Hのドラグが煙を上げて(誇張でなくほんとっすよ)滑り出す。この魚 なかなか止まらない。前迄にかなりラインをロスしているとはいえ本気で残りのラインキャパ が心配になった程だ。約40m位走ったところで一旦止まって寄せに入り寄せたのだかまたし ても走り出し最後はあえなくラインブレイク。15〜20キロクラスか10キロクラスのイソ マグロか、いずれにしても正体はわからず仕舞いだった。これを見て俄然、みんな気合いが入 り今度は田島さんのリールが唸りを上げる。こちらはSTELLA8000H。ドラグ性能は何の不安もな い。しかしこちらもヒット後一気に走りまわり、やはりドラグが煙をふいている。こちらも数 分のやり取りの末痛恨のフックアウト。ここには魚がいる。更に全員気合が入る。そして今度 はまたも私にヒットした。前の二人を見ていたのでヒットした瞬間に一気に勝負をかけるため 巻けるだけ一気に巻いて魚を走らせないようにしてガンガンポンピングで寄せてくる。自分が 先ほどの勝負で疲れていたので一気勝負をしたかったのも事実だった。しかしあがってきたの はとても先ほどの二人の魚とは思えない4キロを少し超えるほどのヒレナガカンパチだった。

 そして今まで3回ヒットしてことごとくラインを切られ、ラインの残りが乏しくなっていた 榎本さんはスプールを替えラインを新しくして今までのブレイクにもめげず再チャレンジ。 そして再び魚がブランカ80gのピンクにバイト。さすがにこの1尾は細心かつ大胆にファイト を展開。そして全員が見守る中ついに念願の1尾をゲット。今まで2回外房でジギングにチャ レンジしているがいずれもノーフィッシュに終わって今回もバラシが続き残り時間も少なくな った所への1尾だから喜びも一入だったことと思う。

榎本カンパチ

 その後はあたりもなく午後4時沖上がりとなった。今回の釣行はジギングと魚を甘く見た事 が多数のバラシにつながり、バラシが多くなると当然その周辺にいるであろう魚の警戒心が強 くなり結果期待していた釣果は得る事が出来なかったように思う。ただ、最近スレ気味といわ れながらそれでも全員初挑戦でここまでの釣果を挙げられたのはさすがは小笠原の海だと思っ た。正直今まで最大が去年、田島さんのあげたシイラ115cm7キロ(推定)が最高でアベレージ 5〜10キロという魚を相手にした事はなくいきなり小笠原で挑戦という端から見れば無謀と も思えた今回の釣行だが全員魚をゲットできた訳ではなかったもののヒットは全員にありその 引きの強さは感じられたと思う。これからまた挑戦できる機会が有ればどんどんやっていきた いと思う。

5月3日の釣果
ヒレナガカンパチ3.5キロ〜10キロ 6尾
アカハタ 2尾
ツチホゼリ 7.5キロ 1尾
ヤガラ 1尾