99年春・ライトタックル釣行記

GWを利用して5/1〜4日まで久しぶりのライトタックル釣行へ出掛けた。今回はいつもと趣向を変えて、というかここしばらく伊豆半島でのライトゲームも雑誌等の紹介でメジャーになり、また海岸線も補修工事やいろいろで以前ほどの釣果が望めなくなっているため、釣行先を全く別の場所に求めての釣行だった。 幾つかポイントは上がったがOFC未開の地である北の方にその場所を定め、現地調査と言う事と全く初めてと言う事も有って福島県いわき市をスタート地点に選び、徐々に南下する事にした。最初に訪れたのは久ノ浜漁港。小さな港ながらベイトの数が多く、期待がもてた。その期待通りにいきなりクロソイがヒット。以前に一度だけ 釣ったことのある魚だが写真が無く、また釣りはじめの頃の物だったので今回の目標の魚の一つだった。それが一発目にヒットしたのでみな否応無しに気合いが入る。その後は全員(3人)メバルとクロソイを数尾釣り、出だしは好調そのものだった。あまり人が叩いてないような感じを受けた。その後は当りも遠のき 次の港へ向う。

次に向かったのは四倉漁港。ここもさほど大きくない漁港で開始早々メバルが連発。良型のクロソイもそろい、しばらく私が突端でシーバスを狙っていて戻ってみるとメバル・クロソイが爆釣したとのこと。十数匹は釣ったらしい。私もその前に数匹釣っていたのでこの当りはほとんど荒らされてないようだった。

しかし、今回の釣行は初日にピークが来てしまったようだ。その後は日立港まで地図上の載っている港全て立ち寄って見たが思うような釣果が得られなかった。昼間の間は海草取りや、潮干狩りのポイントばかりだったのが影響したのか、全く当りらしい当りもなく、夜になって1、2匹どうにか釣れる程度。狙い方も悪かったかもしれないが 尻つぼみの釣行になった。

今回は第一回というのと調査も兼ねていたわけだから色々な収穫はあったと思う。GWの割には往復とも渋滞らしい渋滞もなく常磐方面はかなり面白いフィールドであると思う。魚種も今回は3種だけだか狙い方など変えればまだまだ伸びるはずだ。

今回の釣果
メバル  二十数尾
クロソイ 十数尾
アイナメ 一尾

今回のポイント
久ノ浜漁港、四倉漁港、豊間漁港、江名漁港
中之作漁港、小名浜港、勿来漁港、平潟漁港
大津港、会瀬港、河原子港、久慈港、日立港


このサイト上のすべての文書・画像において、無断転載を禁止します。
リンクは自由ですが、はられた方は私の方までご一報お願いします。
webmaster@ofc-tokyo.org まで
OFCバナー
Outdoor Fisherman's Club JGFA Member 427001/IGFA Member 100221