98年秋の伊豆半島ライトタックル釣行記2

#今回はメンバーの田島順之君の釣行記をお届けします。

前回同様青野川からのスタートとなった今回の釣行。朝五時半のスタ−トも慣れ、寒い中まずメッキ を狙ってロッドを振るがチェイスがない。船の下を覗くとメッキの群れ、サイズも良く更に50cm ぐらいはあるシ−バスの姿も確認できたとあってはボルテ−ジが上がら無い訳が無い。ますますロッド アクションに力がこもるのは釣り人の悲しい性か(^^;。トップからボトムまでくまなく調べたがほとん どチェイスがなくやむなく場所を上流へ移すことに。ここでも50cmもあるほどのシ−バスを目撃し、も しかしたらと思ったが思いすごしに終わった。やはり普段シーバスを東京湾で狙っていて東京湾以外で 釣れたことが無いとなると力が入るのもやむをえないであろうか。
次なるポイントは子浦。ここで何か釣らなければと、悪いイメ−ジが先行していたが、船影からメッキ のチェイスはあるもののヒットまでには至らなかったが、あとは時合いと考え夕方の時間に子浦でやる ためにも食料の確保が一番と考え松崎へ移動したのだが結果的にこの判断が後の爆釣を生む結果に。 本当に釣りとは判らないものだ。
この所、青野川、子浦と昔みたいになかなか釣れないなと思うし、松崎もその一つである。前回の釣行 も姿すら見ない状況だったが、いつもの場所に素早く入ると先着が一人いた。見た目にも出来そうな感 じの人で何と、いとも簡単にメッキを釣り上げていた。 居る事がわかり、しかも釣れているとなると早く竿を出したくなるのも釣り人の特徴で橋の下をチェック したら待望のヒット。格闘の末、優に20cmをオーバーするメッキをキャッチ。この時期にこのサイズが出 るとは思わなかった。今まで釣ったメッキの中で一番の引きに驚いた。時間も12:30PMも過ぎもう一匹釣 った時点で当たりが無くなった。取りあえず二匹のメッキをキャッチできてほっとした。 先行でやっていた凄腕(?)のアングラーはかなりの数を上げていて話をした所、朝からやっていて十匹 は越えているとのこと。その言葉でメッキしか頭の中は無くなった。うーん、ま、こんなもんである。

とりあえずバイトがなくなったので移動することに。しかし先ほどの状況が頭にこびり付いてもう子浦 まで戻る気もなく仁科を見に行くことに。先日TVで釣れていたことを思ったのと松崎からは目と鼻の 先であることで移動することに。しかし、世の中そんなに甘くない。結局仁科ではノ−ヒットに終わる。 朝が早かったので睡眠不足ではあるが素早く松崎に戻りポイントへ。時間は3:30PM過ぎ。先程のアングラー は相変わらず釣果を伸ばしてる様子。しかも入れ食い状態ではないか、二人のフィッシングスピリット に火がついたが思いだけが空回りしてなかなかヒットに至らない。冷静にチェックするとなんとトップ で釣っている。しかしそれを見てルアーを変えるのはプライドが許さない。ミノーでヒットを狙うが 現実は変わらない。こうなるとあっさりプライドを捨てるのも釣り人の良い所(笑)、とりあえずリップ レスミノーを選択したがこれが大当たり。出来るだけ遠くキャストし素早くトゥイッチすると水面 を割って食いついてきた。釣れてるレンジをあわせることがいかに大切かを思い知らされた。 しかし、その出方がまるでGT(例えは大袈裟だけどネ)のビデオを見ているほどのど迫力。 しかしそのリッフレスミノーがあろう事かヒット時にぶちきられてしまった。侮りがたし、メッキ(笑) その後はポッパ−でやったが音が出るとまったくだめだったらしくノーヒット。後はもうこれしかないと 、レットペッパ−マイクロでやったら的中、再びヒット連発。もうやみつき。
結局5:30PM過ぎまでやって合計で9尾、ここは二ケタに乗せたかったが叶わなかった。

#次の朝。6:00AMからやったが全くだめ。昨日のような状況はなかなかお目にかかれないものである。

今回の釣行の結果:メッキ11匹、カサゴ2匹

戻る

このサイト上のすべての文書・画像において、無断転載を禁止します。
リンクは自由ですが、はられた方は私の方までご一報お願いします。
webmaster@ofc-tokyo.org まで
OFCバナー
Outdoor Fisherman's Club JGFA Member 427001/IGFA Member 100221