八丈島ジギングパーティー釣行記

11月28日・29日でパパズインのジギングパーティーに参加してきました。 この日はザウルスのチームの方々と一緒でいい勉強をさせていもらいました。 まず28日の朝、7時10分八丈島の天候調査ということで搭乗手続き待ちに。条件付きで フライトすることになった。強風のため着陸できない場合羽田に戻るらしい。 ご了承くださいといわれてもねぇ、まあ、その様な心配をよそに飛行機は無事 八丈島空港に着陸。そう言えば搭乗手続きが7時を10分過ぎにも関わらず飛行機は 定刻(7時45分)なもんだから走った走った。出発口までダッシュ!(笑)

9時にパパズインに到着後休む暇も無くタックルのセッティング。10時には出港というので そそくさと支度に取り掛かる。で、予定通り10時に神湊港を出港、船は潤航丸。 初めのポイントは八丈島の南にある洞和沢(ぼらわざわ)港の沖合い水深は40mほど。 いきなりトモにいた人がヒレナガカンパチをゲット。サイズは1キロ弱といった所か。 しばらくはぽつぽつと釣れる程度。この日は風が強くうねりもあったため沖に出られず 岸際の風裏を中心に攻めた。しばらくしてアカバ(アカハタ)をゲット。初めての八丈の 獲物はアカバだった。でもサイズ的には1キロをすこし下回るサイズ。最初はひいたが あとは思いだけ。ジギングの根魚は疲れる(笑)しばらくして小振りだがカンパチもゲット 、しかしスレ掛かりだったので一寸納得いかない様子。そのごは有名な小岩戸沖 (なのかな?)水深約50m。その後ガイドとして同船していた人が2m近いアカヤガラを キャッチ、なんでも1万円位するとか。結局この日は八丈島の南側を攻め上がって 最後は八重根沖で終了。風とうねりに悩まされて二人でカンパチ3尾という結果に 終わった。ちなみにこの日の最大魚はザウルスの方が釣った7.5キロ。

変わって2日目。相変わらず風が強い中今度は八重根港から出船、時間は6時30分。 まずは藍ガ江港沖を攻めるが1尾が上がっただけ。(うちらではない)朝マズメは一寸 不発に終わったようだ。そのご追い食いをさせてようやく1尾をゲット。しかし後が 続かない。周りはぽつぽつ釣れてる様子なのになぜか釣れない。朝の弁当を食べた直後に いきなりヒット。型も今回のアベレージサイズ(3キロ程度)でこの時は二投連続ヒットで 行けるかと思ったがまたしても後が続かない。まぁ、こんなもんかなと思いつつも さすがに腕が疲れて来るからしゃくりも鈍って余計釣れなくなるのかなとふと頭に浮かんだ。 しばらくしてまたしても赤い魚をゲット。この時3人くらい立て続けにアカバをゲット していた。そうこうしてる内、トモで歓声が上がったので何かと見て見ると後検5.5キロ のシマアジが上がった。初めて生のシマアジを見れてラッキーだった、釣れればなお よしだがそれは欲張りというものだろうか。しばらくして八丈小島へポイントを移動。 ダイビングで10回近く八丈島に行ってるが小島だけは諸条件があわず行ったことがなかった ので釣りとはいえ初めて小島にいけたので素直に嬉しかった。ここではカンパチを1尾 何とかキャッチでき13時過ぎ納竿となった。今回の釣行はインターネット上で今回の ツアーを知り申し込んだものだがホントに釣りしかしなかった。何時もなら土産を 買いに行ったり美味しいものを食べに行ったりと何かしらあるのだが今回は行って釣りして 食べて寝てまた釣りに行って帰ってきた、というのがぴったりだったが一泊二日でこの ような経験を出来るのは良いものだ。これで八丈なら土日だけで行けるということが 判明したので行動範囲がまた広がったのではないだろうか。さて、次回はどうしよう(笑)

今回の釣果:カンパチ7尾、アカバ2尾、ヤガラ1尾

戻る

このサイト上のすべての文書・画像において、無断転載を禁止します。
リンクは自由ですが、はられた方は私の方までご一報お願いします。
webmaster@ofc-tokyo.org まで
OFCバナー
Outdoor Fisherman's Club JGFA Member 427001/IGFA Member 100221